僕がつくる世界 by twp

2015年10月生まれの47,XY,+21がやってきた。ニャタと呼んでいます。

カウンセラーって何なんだろう

 人の心理とは何か、「今ここ」の心理はどのように扱えるのか、ありありと見せてくれる。題名通りの本に出会った。信田さよ子先生という有名なカウンセラーがいて、アカデミックというよりも商売繁盛しているイメージなのだけど、「ケアをひらく」という良書のシリーズから著書を出しているのが意外。医学書院編集者の白石さんって、どんな人脈で何を考えているんだろう。

 「カウンセラーは何を見ているか」という本が、それだ。

カウンセラーは何を見ているか (シリーズケアをひらく)


著者は、カウンセリングセンターの開業に成功した人物だ。他人を傷つけることを言わない人間ではない。この本に出てくる、目のつりあがった知的障害児を、謂われなく加害者扱いして山の中に置き去りにしたエピソードには、私はひどく傷ついたと思う。他にも、近年の実際の津波被害を自分の心情の例えに用いた記述も、当事者の方からしたら許せないのではないかと私は察する。でも、著者というカウンセラーにそのようなことを控えるよう期待するのは、的外れなのかもしれない。
 題名通りの、読みごたえのある本だけど、誰を読者に想定しているのかが謎だ。他の方のレビューを見ても、あまり評判良くないみたいだし。でも、カウンセリングに興味がある、直接的には関係ない仕事をしている私には、面白い本だった。

 カウンセリングのテクニック本ではない。カウンセラーの自伝でもない。そもそも心理というものを明らかにしてくれる本であり、この本を読むまでそれは盲点だったし、迫力のある記述だった。