僕がつくる世界 by twp

2015年10月生まれの47,XY,+21がやってきた。ニャタと呼んでいます。

有名な精神科医のありがたいお話

 いかにも、さすがな、中井久夫先生のお話。しかも、看護師たちに語りかける口調で、読みやすい。「こんなとき私はどうしてきたか」医学書院より。

こんなとき私はどうしてきたか (シリーズ ケアをひらく)

  患者から医療者への暴力に言及し、具体的な対処を述べているところも、貴重だった。その件についてはそっとしておこう、と腫れ物になりがちな話題だけれども、それでさえ扱えるという中井先生の迫力を感じた。
 一方で、「シリーズ ケアをひらく」の中では、古いお医者さんの独善的なやり方と感じられる雰囲気でもあった。同シリーズの他の本にあるような、不完全な人間たちが助け合ってやっていこう、みたいな感じではなくて、偉くてすごい精神科の先生のお話、という感じ。

 この本を読んで、さあ私はどうしよう、中井先生のようになれるわけでもないし、と思った。もちろん、少しでもありがたいお話をわが身に取り入れたいとは思うから、読んで良かったとは思うけど。