スペシャルニーズの日々

この世界を楽しく生きていくために。

出産は恐ろしい

 無痛分娩で医療ミスというか、母子に障害が残ったり亡くなったりしたニュースを、最近複数知った。最高に幸せで嬉しいはずの時に、辛い思いをされて、それが続いている方々には、おかけする言葉もないし、これから書くことが間違っても目に入らないで欲しいと思う。

 母子ともに健康、で終わる出産が、本当は奇跡なのだということ。大半の親子はそうなのかもしれないけど、そうでない出産も、少なからずあると知った。たっちゃんが生まれて、NICUに出入りしながら、たっちゃんを育てるために情報収集していて、いろんな病気や障害、事故が出産の前後であることを知った。不慮の事故も訴えて裁判していては、ますます産科医療が縮小するとか、そういう医療のことは私の知るところではない。だけど、妊娠出産というものを、人間の体というものを、医療というものを、もう少し違う風に理解した方がいいなと思った。ひいては、人間の多様性というものが、多様性が社会に大事だということが、もうちょっと知れ渡ると、お母さんとたっちゃんにとって生きやすくなるなと思っている。

 私は普通分娩と言うか、経腟分娩というか、いわゆる普通のお産だったけど、耐えられない痛みだった。たっちゃんが特別な子どもだから、特別に痛かったんだと信じている。それにしても、いつかまた、いつかというか近いうちにないと間に合わないんだけど、もう一人子どもを産むことがあったら、絶対に無痛分娩にしたいと思う。あれは本当に、体が引き裂かれる感じだった。途中から麻酔をかけてくれないことはわかってたし、どんなに痛いっていっても誰も助けてくれないこともわかっていたから、ただ絶望だった。

 出産って本当に恐ろしいし、医療で何とかできることなんてちょっとだけ。一人生んで、そう思う。だからもうちょっと、妊婦や子どもを大事にしてくれる社会がいいと思う。