スペシャルニーズの日々

この世界を楽しく生きていくために。

おしっこの匂い

 臭いのって何か落ち着く。特に、愛しい人の発する匂いは。

 ある日、定期検査で、腎臓の数値が悪かった。たっちゃん2歳。1歳の時は大丈夫だったのに。

 でも、生まれてからずっと、おしっこの匂いを嗅いできたので、ちょっと自信があった。ずっと同じような匂いで、汗をかいたり水分が少なめの時は濃い匂いで、水をいっぱい飲んだ後は薄い匂いで、変わったことはなかったことが、わかっている。

 生まれてすぐは何か本当に奇跡的な感じで、生きておしっこするのが不思議な感じで、無から生まれた有の生き物だと思っていたから。私のお腹でこんなかわいい生き物を作り出したのか!と思って。それで、つい、オムツの匂いまで、毎回嗅いでしまっていた。わーこんなかわいい生き物なのに、大人とは別の生き物みたいに可愛くて手がかかるのに、おしっこの匂いは普通に臭い(笑)!みたいに、一日に何度も、オムツを替える度に、楽しんでいた。それが習慣になって、いい加減生まれた時の感動が日数の経過といたずらっ子になってるのとこちらの体力の限界とで薄れてきた今日まで、夜中でもおむつ替え=匂い嗅ぐ、になっている。

 臭いのって何か落ち着く。特に、愛しい人の発する匂いは。このテーマは掘り下げられないし発展もさせられないんだけど、とにかくそうなんだ。