実録東京生活

この世界を楽しく生きていくために。

インフルエンザ予防接種は有効なのか

 インフルエンザワクチンが、去年の秋は足りなかった。当初の計画通りにワクチンを作れなかったというニュースは聞いていたけど、業界の感覚としてまあ何とかなるのだろうと思っていたけど、本当に手に入りにくかった。必要な患者さんに待ってもらうなんていう、あり得ない事態が発生してしまった。

 これでインフルエンザの流行が例年通りだったら、予防接種なんて大して効果ないってことがばれちゃうね、なんて行うべき医療ができない悔しさ半分に言っていた。そうしたらなんと、例年よりも流行してしまった。

 これは非常に由々しき事態であって、インフルエンザワクチン作成に責任ある立場の人たちにとって、例え不可避な結果であったのだとしても、それで実際に感染して苦しむ人が生じてしまったと言うしかない。だけど、このことがちょろっとしか話題になっていない。どうして? インフルエンザワクチン関連の業界が、そんなに強い力を持っているようには思えない。行政が関与しているから? それとも、今期の流行は例年と同じ規模であったという統計が、一医者の肌感覚と異なって見事に明らかにされているのか。それはそれで、存在意義が、という話になると思うけど。

 次の秋が来たら、またインフルエンザの予防接種が勧められるのだろう。それが目の前の人にとって最善の行動と信じて。それが現代日本の医療政策として正しいのだと信じて。

f:id:tokyowonderpeople:20180127225336g:plain