実録東京生活

この世界を楽しく生きていくために。

二語文が出ない

 まだ二語文をしゃべらない、2歳半のニャタくん。そのわりに、随分とややこしいことを伝えてくるのは、ベビーサインで話しかけてきた効果なのか。母子の相互作用で、お母さんが勝手にニャタの言いたいことを想像して煽ってるだけなのか。

 「お母さんはここに座って。バアバはこっち向いていて。違うの、おもちゃを持つのはニャタなの!見ててくれればいいから」くらいのことは伝えてくる。でも、自発的に口から発せられる言葉としては、「バ(ア)バ」「(オ)ッパイ」くらいが関の山。あとは、復唱なら「わんわん」とか稀に「フライパン」「アンパンマン」「(じゅん)ばん、ばん」くらい。

 人間は言葉で思考するから、言葉がしゃべれなきゃ思考は発達しないのか。それとも、非言語コミュニケーションというものが存在するのだから、発語が難しいニャタくんでも、虎視眈々と頭脳を発達させているのだろうか。親の欲目といえばそれまでだけど、ピグマリオン効果だと思ってニャタくんの声なき声に耳を傾け、ニャタくんの心をいっしょに作っていきたいと思う。