実録東京生活

この世界を楽しく生きていくために。

デパートって何だったっけ?

 デパートに行ってきた。久しぶりに。最近外出ができない理由のニャタが2歳半、妊娠後期も外出を避けたから、かれこれ3年ぶりだ。

 赤ちゃん連れでデパートに来ている家族もいる。デパートにも、授乳室やら、何ならお預かりのベビーシッター室みたいなサービスやら、いろいろと備えられている。でも、みんなどうやって連れてくるんだろう? 赤ちゃんの生活って細切れに決まってるし(授乳とか、お昼寝とか、離乳食だって準備も必要でレストランで食べるわけにもいかないし、瓶詰の離乳食だけで一食済ませるとかなんかいろいろハードル高いし)、人混みの中って微生物とかぶつかってくる人とか心配だし、事件や事故に巻き込まれたら大変だし…なんて考えてしまう私には、ニャタを連れてデパート行くくらいなら行かない方がよっぽど楽で早い、というか行けない。

 何もデパートに行かなくていいし。アマゾンが何だって配達してくれるし、出かけるにも近所の公園で十分だし。

 でも久しぶりにデパートに行ったのは、子どもの日もあったし何か買ってあげるよって、誘ってもらったからだ。ジイジに。ニャタの欲しいものは何だろう?って考えたら、私の物を買ってくれるって!私、親の子どもだった、すっかり忘れてた。ニャタはバアバが預かってくれた。

 結局、自分の洋服なんて何選んでいいか全然わからなくて、もともと服に興味がないし、お店も何だか入れ替わっていたからブランド頼みの選び方もできなくて。アマゾンで違いがよくわからなかった、プラレールの踏み切りパーツを、実際に見比べてきた。音が鳴るサウンド踏切とか、トミカが通過するオート踏切とか、シンプルで安い踏切とか。そして、ジイジに買ってもらっちゃった。

 デパートというのは、おもちゃを見比べて買うところである。私の洋服なんて、ゾゾタウンがあるから大丈夫。そのうちゾゾスーツもダサい水玉全身タイツのが届くはずだし。おしゃれなお母さんになりたかったけど、元々おしゃれじゃないのに子ども産んだくらいでなれるわけがないよね。