よく歌い、よく笑う。

2015年10月に生まれた突然変異体ニャタは育っています

「スペシャルニーズの日々」から「ぺっちゃぶー」へ。

 この数日、ニャタが一日中ひまを見つけては、「ぺっちゃぶー」「あ、ぺっちゃぶー」と言っている。意味も由来も、よく分からない。こちらが「ぺっちゃぶー」と繰り返せば、可笑しさを抑えきれないといった風にケラケラと笑い出す。

 なんか別にこの子は、特別なニーズなんて持ってないような気がしてきた。ただ生きている。分類したり意味づけしたりするのは、外野でしかない。

 ねえ、ぺっちゃぶー。どうしてこんなに、楽しいんだろうね?