よく歌い、よく笑う。

2015年10月に生まれた突然変異体ニャタは育っています

子どもの口癖

言葉が出ない子どもにも、赤ちゃんの頃から言葉のシャワーを浴びせ続ければ、いつか溢れ出て堰を切ったように子どもが話し始める。そんなメルヘンは信じられなかった。話す子は話すし、話さない子は話さない。それだけのことだろう。

 

ニャタは話す方の子どもになるつもりらしい。ベビーサインが現れて消えつつあり、魔法使いならぬ言葉使い見習いをやっている。寝た状態で両手を私の方に伸ばし、「タッテ」。それは「起こして」と言いたいんでしょう。

 

そして気が向くと「マジデー」。きみそれは覚えなくてよかったやつだ。やっぱり、言葉を話すようになる前から、スポンジのように吸収していたのかしら‥カアカアの口癖を。

 

「ガバテケ」と文脈不問で呟くきみ。まさか、カアカアが合間合間に独りごちでいた「大好き」だなんて、気づかなかった。今日も無意識に「大好き」と言ったとき、「ガバテケ」と真似したね。