実録東京生活

この世界を楽しく生きていくために。

離乳食の進みが遅い

うちの子の離乳食が遅い理由

現状まだ中期食

 ニャタは離乳食の進みが遅い。2歳半で離乳食を食べている時点で絶対的に遅い。しかもまだ後期食ではなく、キザミトロミの中期食。それをスプーンで食べさせてあげている。

 でも、急いで離乳食を進めると、誤嚥のリスクがあるだけでなく、丸呑みや舌出しの癖につながるらしい(生まれつきの体質とか、離乳食の進め方でなくそうなっている母子の皆さん、ごめんなさい読まないで下さい)。ニャタは今のところ、変な癖のようなものは無く、結構カミカミと噛んでくれるようにもなっているから、合格だ。

お勧め離乳食グッズ

 スプーンは、凹んでいない物が、子供が正しく口を閉じて食べ物を受け取るのに役立つらしい。「チタン摂食指導用スプーン」というのを買った。

 

岡部洋食器 SUD チタン摂食指導用 スプーン  SU-02

岡部洋食器 SUD チタン摂食指導用 スプーン SU-02

 

 でも、木の食器の口当たりでも食べさせてあげたいし、柄が短い方が自分で持って食べやすいから、他のスプーンも使っている。

 

 コップは、この介護用のが障害児ベビーにも良いと聞いて用意した。筋緊張が弱くて姿勢保持が難しい子だけど、これなら頭を傾けなくて良いし、親からも中身が見えて傾け具合が調節できるし、取っ手も持ちやすくて良い。はじめは小さいサイズが良いけど、そのうち大きいのが必要になるけど、キャラものに比べて安いくらいだし。

 

ファイン レボUコップ 80mL

ファイン レボUコップ 80mL

 

離乳食の進め方

 ちょうど良いスピードは?

 まあ進みが遅いと言ってもそれがニャタのスピードで、ニャタにとっては遅くなくてちょうど良くて、だからこれ以上急かすと早過ぎるのだ。

大人と同じものを食べられるようになったら

 いつかこの、特別食を作って、一匙ずつ食べさせている今のことを、懐かしく思い出すのかしら。あの頃は可愛かったななんて、勝手にラーメンやらハンバーガーやら食べるようになったニャタを見ながら思うのかしら。自分にそう言い聞かせて、せっかちで面倒くさがりで心配性な性格を鎮め、急かさない余裕のあるお母さんを演じている。時々ボロを出しながら。こんなお母さんだけど、仲良くやっていこうねニャタ。