スペシャルニーズの日々

この世界を楽しく生きていくために。

できることを探そう

最近できるようになったこと。ニャタ3歳、DQ60くらいかな。

 

1.気の利く行動

コップで水を飲ませるとき、抱っこしていたから、いつもみたいにガーゼハンカチを口元に添えることができなかった。そうしたらニャタが自分の手を、こぼれた水を受けられるように添えていた。

 

2.愛想のいい演技

仕事帰りの私と再会するとき、「ひゃー」みたいな嬉しそうな声を出しながら寄ってくる。この声は「わざと」である。やって、というと同じようにやれるし、無意識にしては不自然である。

 

3.風の又三郎化

タタタ、と歩く。少し前は、ガニ股で、ふらふらとだったのに。風のような子供になった。

 

4.無い知恵を絞る 

座っている自分の体の後ろに物を隠す。体温計のケースとか。それから、パズルで探していたピースを大人が先に見つけてしまうと、その上に別のピースを乗せて隠して、その後自分で(再)発見する。

 

5. 電話対応可能

まだしゃべれないのに、電話の応答がそれっぽい。発する音は基本「あー」だけど、タイミングが良い。何かを言おうとしていることもある。電話が好き。代わりだがる、かけたがる。

 

できることが、いっぱいある。できないことも、いっぱいあるけど。できることに注目していると、面白い。

f:id:tokyowonderpeople:20180122135107g:plain