ぺっちゃぶー

この世界を楽しく生きていくために。

今日は障害児の親らしく出来ない

 上手くいかないことって重なるもの、ならまだ良いんだけど、自分のせいだったらどうしよう。親族とぎくしゃくし、職場でも怒ったり怒られたり。ストレスが溜まって、自分の稼働力も落ちて、悪循環。

 それでもニャタは、明日にも感染症になってあっという間に悪くなってしまうかもしれない基礎疾患の子だから、今日という日も大切にせざるを得ない。全力でいっしょに遊ぶよ。心をこめて抱きしめるよ。全ての思いを、ニャタを大切にすること、に変換して。

 でもやっぱり、お母さんも人間だから、いつもどおりに出来ない日も、ニャタなら許してくれるね。弱くてごめん。ごめんと言い訳することを許して。なんて思いながら、いつもどおり泣いたり笑ったりしているニャタのお世話をしていたら、いつもどおり柔らかく馴染んだ匂いのするニャタの存在を感じていたら、あら不思議。お母さんも、なんだか楽しい気分になってきたよ!

 生物として弱い子どもを必死に生かそうとすることで、生かされている私。これが共生というものなのかしら。まだ少し息苦しいし、ぼーっとしがちだけど、愛しい寝姿の横に今日は早めに潜り込んで、明日というニャタとの時間を精一杯生きないとね。

f:id:tokyowonderpeople:20141205164818j:plain