僕がつくる世界 by twp

2015年10月生まれの47,XY,+21がやってきた。ニャタと呼んでいます。

命の選別と綺麗事

 出生前診断の話題が最近増えて、当事者として、複雑な気持ちだ。

 例えば、妊娠する女性は葉酸をサプリ等でも摂取することが勧められている。ママの体内に葉酸が足りないと、赤ちゃんの神経系に障害が発生するリスクが高まるからだ。それから、妊婦さんや周りの人が、風疹という病気に感染することにも注意が喚起されている。妊娠初期のお母さんが風疹に罹ると、赤ちゃんに障害が残る可能性があるからだ。

 それなのに、ダウン症と呼ばれる21トリソミーといった染色体異常は、命の選別をすべきでないのだろうか。生まれてくる命は全て大切にすべきだから、人類社会には多様性が大事だから、知的障害があって身体合併症があっても価値ある人間だから。だったら、他の原因による障害児だって生まれてくるべきなんじゃないの?

 受精卵やそれ以降の胎児はもう命だから、受精する前に防ぐのとは話が違うのだろうか。確かに、(専門が何学なのか知らないけど、たぶん)生物学的には、受精卵はもう物質ではなく、人間という命なのかもしれない。でも実感として、日常の感覚としては、違和感がある。

 テクニカルな問題があるのは、よくわかる。検査というものには、偽陰性や偽陽性というものがつきものである。それから、新型出生前検査は血液だけど、羊水穿刺になれば、手技的・確率的な侵襲リスクもある。

 今生きている人たちが、本当にこの社会に温かく迎え入れられいることが誰の目にも自明なれば、もう少し、出生前診断の議論も忌憚なくできるように思う。それとこれは別だよと。問題が、出生前診断にとどまらず、だったらこれは?みないになるから、もやもやするんだと思う。我が子が苦しんでいる姿は見たくない、いずれにしても、それだけの気持ちなんだけど。