スペシャルニーズの日々

この世界を楽しく生きていくために。

駄洒落と言い間違い

 ニャタのダジャレ第3弾

ニャタ:(手足をバタつかせながら)「ううーん!」

私:「反抗的!」

ニャタ:(シャチハタを押す真似)

私:(ぺたんとニャタをはたきながら)「それはハンコ♪」

宅急便が来ると、喜んで応対するニャタ。ハンコも押したがるけど、それは配達の方に悪いので、荷物を受け取った後でニャタには遊ばせている。

ちなみに第1弾

ニャタ:(両手で花が咲いたところを作る)

私:ひまわりさん♪

ニャタ:(敬礼する)

私:それはおまわりさん!

新幹線のジグソーパズルの背景に、ひまわりが咲いている。おまわりさんは、散歩のときに時々すれ違って、ニャタと手を振りあってくれる時もある。

たぶん第2弾

ニャタ:(Tシャツの胸を指す)

私:マークが付いてるね!

ニャタ:(握りこぶしを口の前に持ってくる)

私:それはマイク♪

第1弾と第2弾、どっちがどっちだったか忘れたけど。全部、開発したのはニャタ。

初めての言い間違い

ニャタ:(転がるボールを追いかけて歩いていくが、近寄ってはいけないと言われているオイルヒーターのそばで足を止めて、コップで水を飲む真似)

ニャタ:(はっとした顔で、耳たぶを触る)

オイルヒーターは熱いんだよね、と耳たぶを触るサインをするべきところで、水を飲む真似をしてしまったという、言い間違い(ジェスチャーのやり間違い)。私がはっきりと気づいた、初めての言い間違いかもしれない。

言い間違いって、こんなに愛しいものだったっけ。

言いまつがい (新潮文庫)