実録東京生活

この世界を楽しく生きていくために。

お風呂上りに、卒乳式!

 「卒乳おめでとう!」と勢いよく宣言して、パジャマを羽織った。ニャタはきょとんとして、でも「おめでとう」は言われて嬉しいと知っているので、曖昧にニコニコする。

 2歳半を過ぎても、おっぱいをしたがる長男。別に、胸の形がどうこうとか、下の子が欲しいとか、もう2歳なんだから、みたいな気持ちはない。いつまでもおっぱいして歯並びに影響するのは嫌だけど、本当かどうか知らない。でも、睡眠リズムを乱すようになってきた気がして、卒乳を考えた。寝かしつけの時、夜中に起きた時、延々とおっぱいをしていて、離れようとすると起きてしまうし、浅い睡眠が続いてしまう今日この頃。

 断乳はしたくないと思っていた。そんな、世界の全てであった乳房に顔描いたりワサビ塗ったりしたら、心の傷になりかねないのではないかと。子どもにもよるだろうけど、うちの軟弱繊細な息子さんには辛すぎる体験になるのではないかと。

 寝起きでおっぱいを欲しがった時、何か(忘れたけど、それくらいどうでもいいこと)で気を紛らわせたら、意外にすんなりおっぱいを忘れた。昼寝の寝かしつけも、理由を言い聞かせたら、抱っこひもに入ってきてくれた。だから、卒乳でいけるかなと思った。

 難関は、お風呂。そこに裸のおっぱいが見えてるわけだし。風呂上がりの一杯はたまらんね、とばかりの習慣になってしまっていて。

 今夜の湯上りは、「お兄さんだね、かっこいい!」とか盛り上げておだてて、何とか、おっぱいせずにやり過ごせた。もちろん、卒乳なんて概念を知らないし、お兄さんという言葉でさえ正確には分かっていないニャタくん。それでも雰囲気に流されて遊びだした君。卒乳だよ、おめでとう、お兄さんになったね!

 明日からもどうなることやらだけど、まあぼちぼちやっていこうじゃないか。