よく歌い、よく笑う。

2015年10月に生まれた突然変異体ニャタは育っています

心配性のお母さん

 脊髄損傷の再生医療が実用化されつつあるというニュースを見て、期待する。滑って転んで体のほとんどが動かなくなるなんて、あまりにも、だと思う。当事者の方たちのことを思うと下手な言葉を出せないけど、原始的というか野蛮というか。

 小さな子どもが、お腹の中にいるときも含めて、病気をしたり亡くなったりすることも、そう思う。あまりにも。遠い未来には、そういうことが無くなって、令和の時代を、あの頃はずいぶんと野蛮だったなあと思えるのだろうか。自分に何が起こっているのかを理解することもできず、どんな感情をもってそれをどう処理することができたのかも傍から分からないままに、病気や怪我をしたり、死亡することは、あり得なくなってくれるのだろうか。

 よく言われることだけど、子どもをもつとナーバスになる。ニュースや知人の話に辛くなってしまう。子どもをもつ喜びは甚大だけど、それをも押しつぶしてしまうくらい。たぶん、子どもをもたない方が、プラスマイナスの一生の幸せは多いんじゃないかな。

 寝静まったニャタの今後を祈りながら、せめてもの出来ることとして、家を片づけたりニャタに知恵を授ける方法を考えたり、保険に入ったりする。何ていうか、とにかくニャタが少しでも幸せに生きていけるようにと、迷走してしまうんだと思う。

 大好きだよニャタ。君といる今が幸せ過ぎるんだよ。