ぺっちゃぶー

この世界を楽しく生きていくために。

ようこそ文章の森へ

 「ばぁばとー、ばぁばがー」とニャタが歌うように呟いている。

 長い文のようなものをしゃべるようになってきたニャタだけど、「ぼく、かぁか、(指を2本立てる)(外を指す)」みたいに、助詞というものが全くない。なので私が、「僕、と、かぁか、で、外、に、行きたいんだね」という風に、助詞を強調して繰り返してみている今日この頃。

 ニャタも助詞という存在にうっすら気づいてきたようだけど、全く遊んでいる。「ばぁばとー、ばぁばがー」と時々呟いているけど、何かの呪文のようでもあり、その音声自体を楽しんでいるようでもある。

 いつかニャタが助詞を駆使するようになるのか、はたまた習得しないままなのか、分からない。ニャタが助詞の響きを楽しむままで、その便利さにも気づいてくれたらいいのかもしれない。

ぶんカード 1集