スペシャルニーズの日々

この世界を楽しく生きていくために。

育親

ゆっくりお風呂に入りたい気持ち、わかるかな。

一人で入浴するなんて、何年ぶりだろう。温泉旅行にでも来たような、特別なリラックス感が湧いてくる(もちろん、ここ何年も旅行する余裕なんてなし)。 ニャタがお母さんとお風呂に入ることを拒否った。3歳児(知的障害あり)に今はやりの、「バアバとがい…

泣く子と眠る

今日のニャタは泣きまくりだったね。 体調が悪いわけでは無さそうだった。熱もないし、便秘でもない。日中は元気に遊んで、夕飯もきちんと食べた。お母さんが仕事から帰ってきて、おうちに帰って少し遊んだ時だって元気だった。 その後、お風呂に誘って、な…

今日は障害児の親らしく出来ない

上手くいかないことって重なるもの、ならまだ良いんだけど、自分のせいだったらどうしよう。親族とぎくしゃくし、職場でも怒ったり怒られたり。ストレスが溜まって、自分の稼働力も落ちて、悪循環。 それでもニャタは、明日にも感染症になってあっという間に…

怖い怖い子育ての話

子供の身に何かが起こったらどうしようと、怖くてたまらない。公園に遊びに行けば、砂場の縁が硬いコンクリートで出来ている。歩き始めた子供が、砂場を歩く感触を楽しんでいるけど、転んでちょうど縁で頭を打ったらどうしよう。繋いだ手を、ぎゅっと握りし…

味の素みたいな幸せの素

ベビーカーの子供が泣き叫んでいる。ニャタが涼しい顔をして、小指を指す。「赤ちゃん」のサインだ。 いやいやあなたも赤ちゃんに毛が生えたくらいですから。3歳になったばっかりだから。何なら今でも食事は中期離乳食だし、そうやって発語もないじゃない? …

同棲して、出産して、育児して、別居して、化粧して。

ハトムギ化粧水を買いたいけどボトルが大きいから、重そうで帰り道に手が出ない。慢性疲労の体で、これバッグに入れて、子供抱えるのか…。アマゾンも、段ボール解体するのが気が重くて。憧れ美容垢への道のりは遠すぎる。#シンママ #ワーママ #コスメ— tokyo…

面会交流とか共同親権とか、そういう話。

子父との付き合い方を考えている。 たまにでも楽しく遊んでくれて、気が向いたときに(ではなくて意味があるのかもしれないけど)おもちゃを買ってくれる人が、いないよりはいた方が、子供にとっては嬉しいのだろうか。特に、うちの子は親戚家族が少ないし。…

時短美容(プチプラ編)

美容だとかコスメ購入品だとか言うのも恥ずかしいくらい、産後は髪振り乱してすっぴんぴんで生きてきた。お金も時間も体力もないけど、子供の笑顔だけはある今、そろそろ自分のことも考えないと人生終わっちゃうなーと思って。化粧品買い始めた10代の頃みた…

もう二度と行かないはずだった場所で

こんな時間は。もう一生訪れないのかと思っていたのに。昔よく通った喫茶店で、フルーツパフェとコーヒー。子供が生まれて障害があり夫と別れて…目まぐるしい日々に、次は何が起こるんだろう。

科学的な子育てを習おう

前頭葉の働きを理解した子育てとは。子どもを怒りたくなる理由。どうして躾が虐待になるのか。子育てを習おう、教えよう。

楽な子育てをしたい

子育てなんて楽しいだけでいいじゃないか。そりゃあ、健康の心配とか、将来への不安はあるけど。しなくていい苦労はしたくない。 経済面 家事 教育 自分の時間 経済面 お金の心配をしたくない。ベーシックインカムじゃ足りないけど。親が金持ちとか夫の稼ぎ…

セレブな子育て

共働き子育てのライフハックに家事の外注とかいうけどさ、お金かかるんだよね。いろいろ疲れた。セレブな子育てをしてみたい。 ベビーシッター 料理は週末作り置きをしてもらう 掃除、洗濯はママがやることじゃないよね ベビーシッター 別に子どもを他人任せ…

母親になるということ

ママと呼ばれて戸惑う 女の子はませてるね パートタイムママですけど 新しい人生へようこそ 子の親として生きる ママって呼ばれて嫌ですか? ママと呼ばれて戸惑う 女の子はませてるね ニャタくんママ!と呼ばれてドギマギする。女の子は3歳にもなれば、立派…

カウンセラーに弁護士を勧められた

性格の違い 他罰的か自罰的か 他罰的な人って何なんだろう。「お前の言い方が悪い」とか、「大企業がずるい」とか、そんなだから乗っかってるだけとしか思えない「原発が悪い」とか、もう本当に嫌な感じしかしない。本人だって、少しすっきりするのかもしれ…

口内炎を噛んでやる気が出ない

唇の内側にできた口内炎。歯が当たって痛い。腫れているせいか、食事の時に噛んでしまう。血が出て痛いし、さらに腫れる。もう悪循環。何もかも嫌だ。 ビタミン不足、そうかもね。寝不足でもある。2歳児育ててたらしょうがない。自分のことなんて二の次。そ…

父親になる夫へ

これは後悔の日記です。夫は彼氏だったとき、不完全ではあっても、優しい人でした。よくある話です。家族になって、家族が増えた時、家事や育児が初めから上手くできることもなく、私との会話でイライラするようになりました。これもよくある話です。でも、…